2017年08月03日

ZBrushCore始めました。

というわけで(何が?)、本格的にデジタル造形用に3Dソフトを導入しました。
おじさん、もうプラ板切った貼ったするの疲れちゃったから。(´・ω・`)
ZBrushCore。いわゆるスカルプト系ですね。上級者向け(?)のZBrushはまだお預けです。
なんでメカ造形を主体としているのにCAD系じゃないかというと、イベント販売用クラッシャージョウ次回作予定の1/35〈ガレオン〉に付属するジョウ達おまけフィギュア(ならびに履帯周り)をデジタル造形してしまおうという。初挑戦にしてなんとも無謀な計画であります。( ̄▽ ̄;) これが出来るまで次回イベント新作はお預けです。
〈ガレオン〉.png

今回ZBrushCoreの導入にあたり、ワコム製ペンタブレットIntuos 3D medium(ZBrushCoreはダウンロード)+「ZBrushCore超入門講座」注文をツイートしたところ、なんと「ZBrushCore超入門講座」を執筆された福井信明さんにフォローして頂き、しかも導入段階から直接アドバイスして頂けるという信じられない展開となりました!ヽ(゚∀゚)ノ
福井さんはPixologic公認ZBrushCoreインストラクターとしてご活躍なさり、最近身近なところではモデルグラフィックス2017年4月号特集「デジ、ちゃんと語りたい」に登場(?)されています。
IMG_9531.png
巷で分かりにくくて凄く大変というダウンロードも福井さんにご紹介頂いたサイトで無事クリア。
スクリーンショット 2017-08-01 11.15.38.png

これはもう途中で「や〜めた」というわけにはまいりません、本気で勉強しないと!( ・`ω・´)=3
というわけで昨日の段階です!
スクリーンショット 2017-08-02 20.18.33.png
これがホントにいずれワンフェスで販売できるガレージキットになるんでしょうか!?( ̄▽ ̄;)
皆様、どうか生暖かい目で見守って下さいませ。
覚えてろWF.png



7月にWOWOWで「シン・ゴジラ」の放映がありまして、いや面白かったなあ!
あんなに映画観て興奮したのは久しぶりです。ネットで騒がれた尾頭さんの良さがようやく分かりました(笑)。
スクリーンショット 2017-07-09 9.33.12.png

「シン・ゴジラ」が日本特撮映画の金字塔としていつまでも語り継がれますように。m(゚- ゚ )

IMG_9539.png
高価なガレージキットや完成品を買う余裕が無いからプライズで我慢。(´・ω・)
【関連する記事】
posted by SOY-YA!! at 12:56| Comment(0) | 使っている道具 | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

〈デウスーラII世〉はいなくなりました。

特一等航宙戦闘艦〈デウスーラII世〉。
出品終了しました。
アクセス総数3748
ウオッチリストに追加された数155
違反報告3(笑)
ご覧頂いた皆様、どうもありがとうございました。m(_ _)m

さて次の出品は・・・・( ゚∀゚)

作らなきゃない。(´・ω・)

2017年07月18日

よろしくお願いいたします。

posted by SOY-YA!! at 20:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

ついに。

2017年06月04日

昔のホームページから再掲載。

棚整理中に箱から出てきました。
旧キット1/72〈コスモタイガーU〉作りかけ。もう10年位放置してます。
IMG_9265.png

IMG_9260.png
これを旧ホームページのコラムページで紹介したことがあったので、いつ頃作ったのか確認するために残っているデータを開いてみました。
あ、コラムページって今のこのブログみたいに思いついたことやイベントの案内などをツラツラ書いたコーナーでした。
で。この時、2009年12月27日に書いた文章(斜体文)を再掲載です。


2009.12.27(日)

もう3年くらい前の年末。 あ。今回は全く個人的なお話しです。
秋葉原のヨドバシカメラから自由通路を通ってラジオ会館に向かって歩いていた時、反対側から歩いてきた老人に突然声を掛けられた。
全く見覚えのない気の強そうな老人である。(バイオハザ〜ド!)
「元気だったか!」強引に私の手を取り握手してきた。
『電気屋はもう辞めた!』
確かにそう言った。こんな老人のいる店どころか電気屋の常連にすらなった憶えはない。全く誰だかわからない。
「有馬記念獲ったか?」
出し抜けにそう言ってコートのポケットから丸めた札束を取り出して私に見せた。その厚みからして間違いなく200万円はある。
「人違いじゃないですか?」
私が自分の名前を言うと。「そうだ! そうだ!」と握手した手を離さない。確かに私を知っている様だ。
しかし電気屋にいた老人という先入観から、この老人は絶対に人違いをしていると思い、私は老人の名前を訊かなかった。
「これから大井(競馬場)に行くぞ。儲けさせてやるから一緒に来い!」
終いには頭のおかしな老人が私から金を巻き上げようとしているのでは? と思い始めた。私は「先を急ぎますから」と丁重にお断りしてその場を離れた。
「そうか。じゃあまたな!」
老人は残念がる様子もなく、いつまでもこちらに向かって手を振っていた。
自由通路を出てしばらく歩いたところでアッ!と気がついて、振り返った。老人の姿はもうどこにもない。
中学1年の時の技術家庭の先生だった。(今もそういう授業科目があるのだろうか?)
この先生から今の工作技術の基礎から、製図の書き方までずいぶん教わった。〈コルドバ〉の真鍮砲身の説明図をお持ちの方はいらっしゃるだろうか?
コルドバ砲身図.png
あれはその先生から教わった書き方である。何より当時きゃしゃでひ弱な私を、自分でも他の生徒より贔屓されてるとわかるくらい、 ずいぶんかわいがってくれた。
30年ぶりに会った、すっかり容姿が変わってしまった私を憶えていてくれたことに驚いた。だが先生はもっと変わってしまっていた。
お礼を言いたかったが、もう遅い。しかし仮に会った時に先生だとわかっても、果たして私は一緒に大井に行くべきだっただろうか・・・?
・・・。

いやぁ〜。今年は不景気の影響で、散々な目に合いました。製作活動にもかなり支障が出ましたね。
けれども「ホビージャパン」のライターデビューという信じられない展開もありました。ご尽力頂いた皆さまには感謝の言葉もございませんm(_ _)m
来年もまだまだ不安定な日々を送るかも知れませんけど、作りたいものはたくさんありますので、 なにとぞ来年も変わらぬお付き合いの程よろしくお願いいたします。
皆さま、良いお年をお迎え下さいませ。m(_ _)m

ct2.jpg
ちょうどヤマトプラモの再販(2006年12月)があった時で、急に艦載機が全種欲しくなって買いに行った日に先生に会いました。
〈コスモタイガーII〉は、あの極端なパースのついた劇中イメージで作り直していますが、もう2年くらい放置しています(笑)。


っていう文章でした。
くどいですが、文中「ホビージャパン」のライターデビューとか良いお年をとか書いてありますが、2009年の話ですからね。よろしくお願いします。(´・ω・`)
posted by SOY-YA!! at 13:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

模型の話しましょかね。

え〜。大変今さらなんですが。お察しの通り、次回ワンフェス2017[夏]はお休みさせて頂きます。
おかげで心穏やかな日々を送らせて頂いて・・・そうでもない。(´・ω・)
次回参加は2018[冬]かなあ・・・。
もう経済的にも精神衛生的にもヤマトで冒険する気はないので「クラッシャージョウ」オンリーだと思うんですけど。いやもうイベント絡みで擦った揉んだするのはホントやんなっちゃった。(´・ω・)

さてその「宇宙戦艦ヤマト」。皆様2202は楽しんでいらっしゃいますか?
へそ曲がりの私は一人時代を逆行して、しかも絶対版権取れない黒歴史のプレステ版に手を染めようとしております。
まずはこちら。有り難くも古くから当ブログ以前のホームページ時代をご覧頂いていた方はご存じのお方もいらっしゃいますでしょうが。
1/700地球連合艦隊/戦闘空母〈まつしま〉。全長約480ミリ。
発掘してまいりました。すっごいホコリだらけ。
IMG_9129.png

PS版戦闘空母.png
当時はこれを完成させて版権申請するつもりだったのですが、PS版の版権がクローズされてしまいましたので、「宇宙戦艦ヤマト2」の1/700〈主力戦艦〉〈宇宙空母〉にシフトしていくんですね。
IMG_2679.png
画像はワンフェス2006[夏]。この時は〈主力戦艦〉が許可降りなかったんですよ。
で。〈宇宙空母〉の艦橋と砲塔を乗せるとこんな感じ。
IMG_9173.png
行けそうでしょう(笑)。
戦闘空母〈まつしま〉は全長などの設定がないのですが、唯一設定画に「戦艦の基本型と比べ1.4倍ほどストレッチ」と書かれているので、〈主力戦艦〉(242m)の1.4倍で全長を338.8mとして1/700で全長484ミリにしています。ちなみにうちの〈宇宙空母〉は410ミリ。
でも今さらプラ板スクラッチのこのボディを完成させる気力はないので、〈宇宙空母〉のボディを切った貼ったして甲板部分のみを流用してなんとかしてみたいなあと思っております。

さてもう一つはこちら。
PS〈デスラー戦闘空母〉着色.png
「宇宙戦艦ヤマト イスカンダルへの追憶」より改ドメル戦闘空母級〈デスラー・ガミラシア〉。
以前、ホビージャパンの作例でこいつの“もどき”を作ったのですが、いろいろフラストレーションの溜まる作例だったので(PS版と同じ物を作るなという制約があった)
IMG_3873L版.png

IMG_3878.png
この先、2109も2202もフルスクラッチで何か作ることは2度とないと思うので、こいつとケリを付けようかなと。( ̄▽ ̄;)
で。かつて作ったこちらPS版「さらば宇宙戦艦ヤマト」に登場する〈臨時デスラー艦〉。
IMG_3675.png
このデスラー砲ユニットをそっくりそのまま再利用して、故郷ガミラス星に戻りながら〈デスラー・ガミラシア〉を建造したという設定でまいりたいと思います。
で。このデスラー砲ユニットは1/700で約22センチ(正確な設定はございません)。そしてあくまでこのスケールにこだわって、デスラー・ガミラシア(こちらも全長不明)の上面図に当てはめると1/700〈デスラー・ガミラシア〉は630ミリ(約441m)。でか!!
でも1/1000特一等航宙戦闘艦〈デウスーラII世〉(638ミリ)からしてみれば、決して無理なサイズでないね。第一〈デウスーラII世〉ほど形が複雑怪奇じゃないし。
スクリーンショット 2017-05-23 10.17.20.png
構想図(?)をチラ見せ。想定される円筒部の直径は47ミリになります。

まあ、ブログのネタ作りのために書いてみましたが、次にヤマトのスクラッチ作るとすればこのあたりだよということで、皆様まちがってもご期待なさることなきよう。よろしくお願い申し上げる次第であります。
posted by SOY-YA!! at 10:52| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする