2015年04月26日

ハッピーの思い出

千葉県習志野市の京成線実籾駅から歩いて5分くらいの所にハッピ−という模型店がある。
もう15年位(あるいはそれ以上)行ってない。
この近くにもう誰も集まらなくなってしまったうちの本家があって、子供の頃はことあるごとにこの本家に集まり、親戚からお小遣い(両親はお小遣いをくれなかった)を貰ってはハッピーに走った。
さっきふと気になって、検索をかけたらホームページがあって安心した。
あそこのおばちゃん元気にしているだろうか?
何を買おうか1時間も2時間も店の中をうろついている子供の私にイヤな顔ひとつ見せずにいてくれた。
最後に妻を連れて店を訪れた時はとても喜んでくれた。

ゼンマイの宇宙戦艦ヤマトもゴッドバードに変形する(腕の固定された)勇者ライディーンもみんなそこで買った。限られたお小遣いだったので、ガッチャマンやタイムボカン、0テスターのプラモデルは買えなかった。
何でも買ってもらえる従兄弟がうらやましくて仕方なかった。

このハッピーという場所はとても不思議ゾーンで、20代の頃、この場所を中心にして凄い偶然をいくつか目の当たりにした。
私がその頃勤めていた会社で知り合った1つ上の先輩(元暴走族)は偶然にもハッピーの裏手に住んでいた。とても仲良くしてもらって、先輩と言うより大親友だった。インスタントラーメンが大好きで、オバQに出てくる小池さんにそっくりだ(いやマジで)。ハッピーのおばちゃんももちろん知っている。
小学生の頃、従兄弟とハッピー近くの小学校校庭で遊んでいた時、鎖でグルグル巻きになった回転遊具を残念そうに見上げながら「これで腕を折った人がいたんだ」と従兄弟が言った。やがて回転遊具は撤去された。
ある日会社で先輩が言った。
「オレあそこの回転遊具で腕折ってさ」
おまえかー!!
先輩は後に会社の激務が原因で持病を悪化させてこの世からいなくなってしまった。未だに彼以上に同じ趣味とギャグセンスを分かち合える友人とは出会えない。
「FFのキャラがゲームでしゃべったら凄いよな」
ああ。高橋さん。ホントにそうなったよ。今度お墓にゲーム機とソフトの空き箱を詰めに行ってあげるね。

偶然はもっとたくさんあった。ハッピーのおばちゃんのご家族に関わる話なので言わない方がいいか。
ともかく偶然というのは神様が仕掛けるものだと信じてやまないぐらい思い出深い場所だ。
おばちゃん。僕ほんの一時期だけど模型誌のモデラーになりました。
おばちゃんちで扱ってる模型誌に私の作った模型が載ってたなんて夢にも思わないだろうな。
これからも末永くお店を続けて、元気にお暮らし下さい。m(_ _)m

IMG_2997.JPG
旧HPのコラムで載せた画像。(サンダーバード2号と5号は久しぶりに訪れたハッピーで買ったもの)
おかげでキャラクターキットから40年経っても足抜け出来ない。
立派な腐れモデラーになりましたとさ。( ̄▽ ̄;)
posted by SOY-YA!! at 17:11| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪
私とっての思い出は、京都の『プラネット』ですね。
京都の実家に車で帰る度に、ついつい前を通って、店が続いているかを確認してしまいます(^_^;)

ズラリと並んだ1/10のラジコンキットを見ると、子供時分にはとても手が出なかった悔しさや、長い間貯金して入門キットをようやく手に入れた時のドキドキが、懐かしさと一緒にこみ上げてきます。

こういう原体験って、自分の性格形成にかなり大きく影響している気がしますね(笑)
Posted by MJ at 2015年04月27日 21:29
MJ様、コメントありがとうございます。

え? ってことはラジコンやられてたんですか?
しかも飛行機系?
私も一時期憧れました。プラモ買う方が最優先だったので諦めましたけど(笑)。
余裕があったら大型の飛行艇とかに挑戦したいです。(^^)
Posted by SOY-YA!! at 2015年04月28日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]