2016年05月11日

さらば少年の日の思い出

CA3E0109-thumbnail2.png
先月4月30日で千葉県習志野市実籾町にあるホビーショップハッピーが42年の歴史に幕を閉じた。
16年ぶりに訪れた私におばちゃん曰く「定年退職」だそうだ。
おばちゃん本当にお疲れ様でした。
お店を出て最初にして最後の写真を撮ると「ああ、こんなに小さなお店だったんだ」とつくづく思った。(作品展示場になっているこの場所は、私が通っていた頃はここが店舗だった)

今年の3月、2度目のカテーテル治療から帰ったすぐあと、モデルグラフィックス2016年5月号に突然閉店セールの広告が載った。イスから転げ落ちんばかりに驚いた。
2015年4月26日付で「ハッピーの思い出」という記事を書いて以来、いつかこの日が来るだろうと思っていたが本当にその日が、しかもこんなに早く来てしまった。

42年前というと恐らく小学校4年の時だ。親戚の家からの帰り道で車の窓から何やら胸ときめくお店を見たのが始まりだ。「次に来た時はこの店に絶対行ってみよう!」
初めてこの店で何を買ったのかは憶えていない。その小学4年の時に〈0テスター3号〉を買ったのは憶えている。もしかするとそれが最初かも知れない。
その他に強烈に印象が残っているキャラクターキットはゼンマイ〈宇宙戦艦ヤマト〉とゴッドバードに変形する腕の動かない〈勇者ライディーン〉だ。それとこの頃は意外にもスケール物をやたら買っていて、帆船模型なんかも頑張ってちゃんと糸を張って作っていた。
ある日おばちゃんがタダくれたレベルのカタログ(画像検索かけたら1975版だった)が凄く気に入って、毎晩のように布団の中でボロボロになるまで眺めた。
次はこれを買おう、アレを買おう。買ったプラモデルは今と違って素組でも必ず完成させていた。

ある日カウンターに、F-86たまごひこうき(たぶん)を改造した、たまご宇宙戦艦ヤマトや、大きいヤマト糊のチューブにヤマトのパーツをくっつけた宇宙戦艦ヤマトのりが飾っ(吊し)てあった。アレを作った方はきっといまだに私の様に「宇宙戦艦ヤマト2199」のキットがどうだとか「2202」はの新しいキットはどうだとかやってるんだろうな(笑)

好きなプラモデルやおもちゃを何でも買ってもらえてうらやましくて仕方なかった従兄弟が、ここで〈主力戦艦〉と〈宇宙空母〉のプラモデルを買って作っていたが、なぜかそれは全然うらやましくなかった。30数年後、私は1/700〈主力戦艦〉と〈宇宙空母〉のガレージキット原型を作る(笑)。

おばちゃんとの再会と最後の挨拶で、当時のお礼ともう一つ、滅多に使わない肩書きだが、名刺を渡して「プロモデラー」になったことを報告した。
今の自分の原点が全てこのお店にある。
さよならハッピー。欲しいプラモデルを探す夢の中でまた会おう。
posted by SOY-YA!! at 02:18| Comment(4) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。その後体調はいかがですか?
こういうお店が一つまた一つなくなっていくのはホントさみしいですね。小岩のT模型、墨田区のO模型工作店などなど。
プラモを買いに行ってシャッターが閉まって閉店になっていたあのショックは忘れられず。
一方、門前仲町のPさんはまだ元気です。御主人は小生中学生だった30年以上前とあんま変わりないです。いつまでも元気でいていただきたいものですね。
今年は積みプラはいい加減にして、プラモに敬意を払うべく完成品を増やすことを目標にしました^^;
Posted by エタノール0286 at 2016年05月12日 21:02
エタノール0286様、コメントありがとうございます。
>こんばんは。その後体調はいかがですか?
ありがとうございます。
生活習慣の改善で心筋梗塞を起こした以前よりも健康になりました。(^^)

>こういうお店が一つまた一つなくなっていくのはホントさみしいですね。
理由は様々でしょうが町の模型店が次々になくなっていくのも時代の流れでしょうか。

せめて私が出来ることは、当時の気持ちを忘れずに模型を作ることだけです。
それで、ハッピーのおばちゃんが「あの時の少年はまだ模型を作っているだろうか」と考えてくれた時に、例えそれが伝わらなくても期待に応えられば幸いです。

>今年は積みプラはいい加減にして、プラモに敬意を払うべく完成品を増やすことを目標にしました^^;
うっ!(´・ω・`) 痛いところ突かれて突然心臓が!(笑)
Posted by SOY-YA!! at 2016年05月13日 11:38
子供の頃から行きつけの模型店がいまだにあるというのは、ネット通販が主流になり廃業が増えつつある現代では、奇跡的な事なのでしょうね。
私にも中学生の頃から模型情報を買うために通って以来の馴染みの模型店があります。府中のムラタ模型というお店です。
昔のままの空間がそこにはあり、落ち着く雰囲気が足を向かわせる昔ながらの模型店です。
専用の倉庫に長年買い続けたためき、お店の在庫を上回るストックを持つ今では、補充品の買い出しがメインになりつつあるですが、まだまだ頑張って営業して欲しいものです^^
Posted by 小金井 at 2016年05月31日 01:52
小金井様、コメントありがとうございます。

じつはお返事を書いているうちに、なんだか話がトンチンカンな方に行ってしまったので、その内容は近々ブログ記事に書かせて頂きます。

取り急ぎコメントありがとうございました。これからもお互い模型を愛し続けましょう。(^^)
Posted by SOY-YA!! at 2016年05月31日 07:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]