2016年05月31日

さらば少年の日の思い出・・・の続き。

2016年5月11日(水)付の「さらば少年の日の思い出」で頂いたコメントに返事を書くうちに、自分の話がトンチンカンになってきたので、ブログ記事にまとめてみることにした。

小金井さんから頂いた「(行きつけのお店に)頑張って営業して欲しいものです」というコメントに返事を書いているうちに、私自身の行動にすごい矛盾があることに気が付いた。

そもそも「懐かしい店が消えてしまう」などと嘆いているにも関わらず、ネット通販で模型買っている私は何なんだ?
だったらそのお店で買ってあげればよかったじゃないか。となる。
とはいえ、自分はこのお店が長く続くように買い続けた。だけど努力の甲斐虚しく閉店になった。なんていうのもおかしな話だ。事実そうだとしても思い上がりも甚だしい。
少なからず赤貧の私は1円でも安く模型や材料を手に入れたい。しかも送料(足代)無料。模型に限らず、どんな物でも、特に毎日の家計をやりくりする人達はそう考えるのが普通ではないのだろうか?
みんなで街の模型屋で買ってあげようなんて声高に叫ばれても、悪いが私は賛同出来ない。

そんな私が、ハッピーにいつまでも営業を続けて下さいなどというのはおかしな話だ。
(ちなみにハッピー閉店の理由は「定年退職」)
だが心に刻まれた大切な思い出の場所がいつまでも残っていて欲しいと願うのも本当だ。
ならばきれい事抜きでせめて今できるとことは、模型が大好きという遺伝子を後世に残すために(子供に模型趣味を継がせろという意味ではなく)、私達が模型を楽しめば良いんじゃないかと思う。
大切な思い出はそのままに、さらに新しい思い出を作っていく。「インサイドヘッド」みたいに(笑)。
私達模型好きの使命は、街の模型店の存続ではなく、私達が模型を楽しめる世界の存続だ。
積んでもいい。素組でもいい。完成させればなおいい。
とにかく模型を楽しめばいい。
そうすれば模型は滅ばない。思い出はまた新たに作れる。
いささか強引か。( ̄△ ̄;)

人それぞれ模型の思い出は違うだろうが、思い出をたくさん作れば作る程、模型は活気づく。きっと後世に受け継がれて残っていくと思う。

改め思った。ハッピーよ。思い出をありがとう。
これからも自分なりのやり方で思い出を作っていく。
ほんのちょっと、ほんのちょっとだけれども、ガレージキットイベントでみんなに思い出を作ってあげられる立場にいることがうれしい。
やっぱりハッピーのおかげだ。(笑)

最後にTwitterの情報だが、ホビーショップハッピーは閉店せずまだ営業を続けているらしい。
大いに結構ヽ(゚∀゚)ノ
気楽に続けられるところまで続けて欲しい。
posted by SOY-YA!! at 10:44| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]