ご無沙汰しております。
最近はTwitterにブツブツつぶやくことが多くて、すっかりただのイベント情報ブログになってしまったので、久しぶりにつまらない記事を書きます。
なお、ワンフェス2020[冬]はお休みさせて頂きます。

皆様すでにご存じとは思いますが「宇宙戦艦ヤマト2202」総集編と「宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち」の2020年公開が決まっております。また、こちらもご存じとは思いますが、私は「宇宙戦艦ヤマト2202」を未だに観ていません。
その件を踏まえて頂いた上での文章です。

まずはこちら。(Twitterのスクリーンショットです)
スクリーンショット 2019-10-24 1.12.07.png
と10月23日(水)の朝に呟きましたが、さらに付け加えたくてどんどん書いたら凄い文字数になってしまったのでブログに掲載することにしました。
ですので以下の文章はTwitterで読まれることを前提に書いています。
そこのところをどうかご理解下さい。


朝呟いた2202の事がどうも自分自身もやもやするので、もう少し書きたいです。(・ω・`)
以前、当方製キットを販売して頂いた版権元様や相互フォロー頂いている制作関係者様もいらっしゃいますが、あえてお怒りを覚悟の上で、2202を観なかった私が、2202の事を書かせて頂きます。
あくまで1ヤマトファンの戯言なので「お前は何様だ!」とか関係者以外の方は怒ったりしないで下さい。あとこの文章から推測される個人名を絶対に返信に書かないで下さい。(´・ω・`)

実は以前たまたまWOWOWで2202やってるのを15分ほど拝見しました。
ヤマトに何か重大なトラブルがあって、乗組員が艦載機で退艦していくところでした。
私こういう帝国の逆襲みたいな展開けっこう好きなんです。
ラストもネットでネタバレしていたので知っています。ああ、その手があったか!観たかった!

ではなぜ2202を観ないのか、もう十分察して頂いていると思いますが、ある主要スタッフの名前がスタッフリストに連なっているのがどうしても嫌なんです。そしてそんな主要スタッフが絵を描いたスリーブに入ったBlu-rayを到底買う気にはなれません。

この主要スタッフはヤマトファンの、しかも女性や高校生にTwitterで突然絡んで、わけのわからない難癖をつけてブロックします。
自分達が大好きなヤマトに関して、突然主要スタッフに思いもしなかった言葉を浴びせられた方達の悲しみやショックは想像に難くありません。
絶対に、絶対に許せません。

私が思うに本当は2202って、これまでのヤマトシリーズ中、100人が観たら120人が感動する最高傑作になるはずだったのではないでしょうか?
ところが、せっかくまとめ上げた最高のプロットを、その主要スタッフが自分のエゴを無理矢理押し通すために全てぶち壊しにした。
私はそう想像しています。もちろん現場を覗いたわけでも、誰から聞いたわけでもありません。
仮にもしそれが事実でないにしても、そんな想像を安易にさせる空気がネットには拡がっています。

以前、この主要スタッフへのファンの批判を、版権元様が2202を楽しんでいる方のために止めて頂きたいとたしなめた事がありました。確かに純粋に2202を楽しんでおられる方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、ファンを失意のどん底に落とした主要スタッフの暴挙を、版権元様はファンに詫びるべきではなかったでしょうか。

ヤマト次回作はこの主要スタッフは外れるようです。正直言って飛び上がるほど嬉しいです。
「もう終わったことだからいいじゃないか」
しかし、主要スタッフによって一部のファンを失望させ、あるいはヤマトから永遠に去らせ、受け止める人によって傑作とも駄作とも言われる中途半端な作品を作ってしまった取り返しの付かない事実を、制作側もファンもこのままにしてよろしいのでしょうか?
どうしたらいいのかはわかりませんが、とにかく新しく組立直される(※)来年公開の「宇宙戦艦ヤマト2202 総集編」や「宇宙戦艦ヤマト2205」から2202の負の部分を少しでも、いや全て排除して頂くことに期待するしかありません。

全てのヤマトファンに受け入れられ、そして次の世代に受け継がれる「宇宙戦艦ヤマト」がこれからも制作され続けることを心から祈るばかりです。

何とぞ、何とぞ、制作される皆様の本気の“愛”を見せて下さいませ。m(_ _)m 



(※)「宇宙戦艦ヤマト2202」総集編のシナリオを担当される方のツイートです
スクリーンショット 2019-10-24 3.09.02.png

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。